HOME | ガレージの種類 | OPTION | 屋内インテリア

木造ガレージ 10年保証バナー 詳しく見る
木造ガレージ 全国工事対応 詳しくみる

ガレージOPTION/屋内インテリア

ガレージ,倉庫,車庫,物置,小屋,屋内
法律上自動車車庫として認められる内装

ABOUT INSIDE

建築には木造に限らず、鉄板・鉄骨でも防火関係の処理が必要な区域があります。また用途を「自動車車庫」として使う事を法的に満足させるには、屋内に石膏ボード類の設置が義務となります。

尚木部の露見面積比率は当該天井面積の15%如何におさめる必要があります。露見させる垂木は3面がその表面積となります。ラフター(垂木)が防火面材の下地となるので、概念的に下地工事を排除しています。2014年モデル(2013年秋より)はトラス構造を避けてラフター構造をおすすめしています。天井面に石膏ボードを設置する事を容易にする為に、あらかじめ垂木ピッチ寸法を策定し、写真3の様に一部を露見させる意匠として対応可能としています。

ガレージ,車庫,倉庫

確認申請に於ける用途は陶芸用アトリエ。壁面には準防火区画対応の内装壁としています。

ガレージ,車庫,倉庫

天井がトラス構造の場合、木製トラスを石膏ボード類で隠蔽する必要があり、天井は平になります。平らな天井はそれなりに落ち着いた空間になります。KIT SET®では、オーナーのこだわりにお答えするため、トラス構造で対応する事もできます。防火面材を設置する為の、天井下地工事は別途必要になります。

ガレージ,車庫,倉庫

Interior

物置からガレージに

屋内の壁と天井を不燃材料(石膏ボード)で被覆することで、法律の用途上「物置」から「自動車車庫」に。

小屋裏の高さを屋内に残す。<収納空間 OR 高い天井>

普通TRUSS(トラス)構造の工夫やRafter(垂木)構造の採用することで、天井高を確保しています。この事例はオーバーヘッドストレージを追加、フラットな天井面の上は収納空間としました。

Type1000と呼ばれる単板のガレージドア。

ARARR社のCODE TYPE1000とは単板のガレージドアのことで、G-KITの標準仕様です。断熱材を入れたドアTYPE3000hは標準Optionです。ドアのパネルが4枚(段)ありますが、それぞれを文字通りセクションと呼び、セクショナルドアとも普通呼ばれています。このセクションの最上段、最上部には水平方向の補強材があります。また上から2段目のセクションにも。この水平補強材はドアの重量を調整する役目もあり、最上部に位置しているトーションスプリングの微妙な強度調整にも寄与している部品です。

High Lift

上下写真でオープナーからのアームの長さが違うことにお気ずきでしょうか?上の写真ではリフトを置く予定なので天井を高くしています。その関係もあってレールは天井いっぱいのレールHigh Lift Railを使っています。

Inside

準防火&22条エリアへの対応。

G-Holiday

合成樹脂サイディング (22条及び準防火対応)

パネル構造

G-CEDAR

WRC サイディング(22条対応)

パネル構造

G-BB

構造用(耐水)合板 (22条対応)

パネル構造