HOME > ガレージ種類 > G-ATTIC > デザイン

G-ATTIC.jpg山梨県 2台用

G-ATTIC - ガレージ / 車庫 / 倉庫 / 物置

2階建てのガレージ - 敷地と建物のバランス
1998年G-ATTICは6.0×6.0、8.0×6.0の2つのモデルでデビューしました。写真のモデルは比較的新しく設計したものです。2階にも壁を設けて、今までのG-ATTICより空間を広げました。と申しましても、弊社はオーナーの考えを具現化しただけ。1階の天井高を敢えて低くして好ましいスペースを得ながら、敷地ロケーションと高さのバランスが巧みに練られたプランになりました。

G-ATTIC-02.jpg三重県 2台用

G-ATTCの計画
イープランでは、2階にATTIC(小屋裏)のあるガレージや物置をG-ATTICと呼んでいます。1階はガレージと併行に居室があります。1階の居室とガレージ側の高低差を利用して居室側からガレージの上部には階段でアクセスする計画としました。階段の段数が減って、使いやすいかもしれませんね。2階部分は物置や趣味の部屋にするなど、アイディア次第で使い方は広がります。ガレージ部分を建築基準法上「車庫」とするには、屋内を石膏ボードなどで被覆しなければなりません。オーナは日曜大工でガレージ部分を石膏ボードで被覆されるそうです。写真撮影を許可くださいましたオーナに厚く御礼申し上ます。